QAいろいろ

カウンセリングにおいて、よくある疑問・質問についてまとめています。

質問と回答

カウンセリングってどんな服でもいいの?

どのような服でも構いません。仕事帰りであればスーツでもよいですし、カジュアルな格好をしていても問題ありません。しいて言うなら、「自分がリラックスできる服」がいいと思います。 

なお、カウンセラーは私服です。派手すぎない服装を気をつけています。


質問と回答

準備は必要? 

準備はいりません。とくに社会人の方は「言いたいことは短く明確にまとめろ」などと訓練されていることがあり、自分の主張をまとめたり、時系列に並べたり、必要と思う方もいるかもしれませんが、カウンセラーは『聞く訓練』を受けているので、まとまっていなくて大丈夫です。 

人の心はコンピューターではありません。一貫していなかったり、矛盾していたり、うまく説明できない感覚というのも往々にしてあることです。無理やり筋の通る話にしようとすると、本音とは違う「作り話」になってしまうことも・・・ 難しく考えず、お気軽にいらしてください。


質問と回答

電話カウンセリングを申し込んだのにかかってこない?  

Confessioの電話カウンセリングは、相談者から『かけていただく』ことでスタートします。カウンセリングは、受けていること自体を秘密にしたいという方がいらっしゃいますし、むやみにこちらから電話をかけるのは控える方針です。電話カウンセリングの時間になっても、かかってこないときは、カウンセラーは、なにかかけられない事情ができてしまったのだろう、とひたすら待っています。また、なにかのトラブルで一度切れてしまった場合も、こちらからかけなおすことはありません。電話による通信料は相談者にご負担いただいておりますので、かけていただくことに決めております。他の相談者と不公平が発生しないよう、申し訳ありませんが、一度切れたらまたおかけください。

電話カウンセリングの番号は、下記になります。

 

TEL : 0283-88-9019


質問と回答

遅刻しそうです。どうすればいいですか? 

まずはご連絡ください。次の予約が入っていたり、カウンセラーに予定が入っていたりしなければ、時間を調整することができます。すぐ次の予約が入っていた場合は、どれくらい遅れるかによって、相談者にとって適切な対応は変わると思います。例えば、5~10分程度の遅れであれば、少し時間をずらすことで問題ないでしょう。30分となると、次の方の準備もあるため、料金をそのままで時間を減らさざる負えなくなります。それでもよいから今話したい、という方は来ていただけますし、後日に変更する、という対応も可能です。


質問と回答

お茶や飲み物は出ますか?

Confessioでは、飲み物を提供しない方針です。マンションの一室を使っており、食器の衛生管理や、提供する水、ミルク等、万全をきせる設備ではありません。万が一にも相談者が体調を崩すようなことがないよう、提供しないと決めております。ただ、ずっと話していると渇く場合もありますし、ご自身でペットボトル等を持ってきて飲んでいただくことは問題ありません。


カウンセリングの録音

録画や録音をしていますか? 

多くのカウンセリングルーム同様、Confessioでもカウンセリングを記録しております。記録の方法は、対面、電話、ともに『録音』です。

目的は2つ。とくに対面では、双方の安全のためです。相談者およびカウンセラーからの暴言や暴力が万一にも発生しないよう、きちんと記録しております。また、時間がたってから再度いらした相談者の経緯を確認するといった目的でも使用します。

カウンセラーには守秘義務がありますので、録音データを外部に漏らすということはありません。ただし、法律上、倫理上の例外もありますので、守秘義務と例外 をご確認ください。

 


質問と回答

絶対に解決すると保証しますか? 

カウンセリングは、相談者の心の中という科学的に証明できないところを扱っておりますし、例えば人間関係の悩みであれば、原因となっている方が望むような反応をしてくれるか、というような、カウンセラーがコントロールできない部分が大きく影響することがあります。ゆえに、解決を保証することはできないとご理解ください。

ですがだからといって、てきとうに手を抜こうということではありません。すべてがきちんと解決し、相談者がすっきり晴れた心で前に向かって歩けるよう、努力させていただきます。 


質問と回答

おまえが悪い、と言われますか? 

言われません。カウンセラーのマインドは、『罪を憎んで人を憎まず』です。例えばなにか悪いことをしてしまったとして、その行い自体を肯定することはできませんが、だからといって、この人はダメな人だ、結局この人が悪いんじゃん、のように、相談者の人格を否定する考えはありません。

ただ、カウンセリングというものは、話を聞くだけ、ではなく、自問自答をうながすものなので、本当にそう思っているのか疑問を投げかけたり、確認をとったりすることはあります。


質問と回答

延長はしてくれますか? 延長料金は? 

カウンセリングは1回60分で延長はしないと決めております。カウンセリングは長ければいいというわけではなく、長すぎるとただの雑談のようになってしまう恐れもあるからです。

また、単位時間につき○○円という形での延長は、気づいたら相談者に高額な請求がいくようなケースも発生しますし、お金のことが心配で時間を気にしすぎてしまっては、落ち着いて話すことができなくなります。ゆえに延長はしないと決めております。ただ、時間になったから、「はい、ここまでです」とぴったり切るのではなく、話が一区切りつくまで待つようにしております。


質問と回答

夫婦や友だち、親子で行ってもよいですか? 

基本的に、相談者おひとりと向き合うカウンセリングです。複数の方が同席すると、本音が出てこなくなることがありますし、どっちが正しいか判断してくれ、のように裁判のようになってしまうことも。ひとりでは受けられないような特別な事情がない場合以外は、おひとりで受けていただきたくようお願いいたします。

なお、3人以上になると椅子が足りないという物理的な問題も生じます。


質問と回答

催眠術をかけてもらえますか? 

催眠誘導は提供しておりません。もちろん基本的な知識や体験はありますが、専門ではないので提供できない、というのが本当のところです。催眠をご希望される方は、申し訳ありませんが、他のカウンセラーをお探しください。


カウンセラーに無視された

カウンセラーと外で会ったけど無視された? 

カウンセリングの時間というのは、日常とは少し違う『非現実』というようにお考えください。駅や道で偶然出会ったとしても、今まで現実世界では会ったことはないので、こちらから話しかけにいくことはありません。とくに相談者が他の誰かといる場合、カウンセリングを受けていると知られたくない場合もありますから、基本は話しかけないようにしています。もちろん、嫌っているわけではありませんし、相談者から声をかけていただければ、きちんとおうじます。


質問と回答

弁護士を無理やり紹介されますか? 

されません。もちろん、わたしが過去お世話になった弁護士先生もいらっしゃるので、関係ある話になれば名前が出ることはあるかもしれませんが、特定の弁護士と契約し、Confessioであっせんするかわりに一定の報酬をもらう。などというビジネスはやっておりません。


ウェブ予約
アクセス